勘違いしがちな洗顔方法

おはようございます
季節の変わり目はお肌の調子の変わり目でもあります。朝晩の寒暖差、くるくる変わりやすい天気
正しいお手入れ方法を学んで肌を労わりましょう。

さて、勘違いしがちな洗顔方法は、
❌水洗顔でも皮脂や汗の汚れは落ちる
〜ぬるま湯だけでの水洗顔だけでも汗やほこりはとれますが、皮脂汚れが残りやすくなります。皮脂が残っているとニキビや肌老化の原因となり、洗顔後につけるスキンケアアイテムの浸透も悪くなります。
❌固形石鹸が肌に1番優しい
〜石鹸は界面活性剤の一種であり、むしろ、洗浄力の高いものです。
❌汚れがよく落ちるよう熱いお湯で洗顔するとよい
〜汚れを落とすために熱いお湯で洗顔したり、お風呂の中で身体を洗うときに顔も洗うと40°C前後のお湯を使うことになるので、肌に必要な皮脂まで洗いながしてしまうことになります。すこし冷たく感じるような温度、32°から34°Cで行うと良いです。
❌汚れが気になるところはしっかり擦って洗う
〜洗顔は泡で洗うのが基本です。汚れが気になるところは、クルクルと指で転がすように洗います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です